老人の生活

住宅型有料老人ホームとは何か調べてみましょう

高齢者が増えている

近年、増加傾向にあるのが高齢者です。これから先も増え続けていくでしょう。また、高齢者が増えてくると、介護施設の利用者も増えてくるのです。

人気の介護施設

現在、介護施設には色々な種類があります。基本的な種類から見ていきましょう。また、人気の高い住宅型有料老人ホームとは何かをお教えしていきます。

新着情報

老人施設の種類【民間型】

サービス付き高齢者住宅

60歳以上の高齢者が入居できる施設です。資格を持ったスタッフが常駐しています。生活に関する相談もできるでしょう。バリアフリー構造で、介護サービスなどを受けることができます。

健康型有料老人ホーム

自立状態の高齢者が対象の施設が、健康型有料老人ホームです。食事サービスなどが付いていて、ジムや温泉も利用できるでしょう。そのため、健康を維持していくことができます。

高齢者専用賃貸住宅

高齢者のみが利用できる賃貸住宅です。設備や住宅の構造など、必要な基準を満たしていなければなりません。サービスについては施設によって変わります。例えば、家事援助などが受けられるでしょう。

高齢者向け優良賃貸住宅

賃貸住宅の認定は、都道府県単位で行なわれます。また、設置や運営は民間事業者や公団によって行なわれているのです。バリアフリー使用で、安否確認サービスなどを受けることができます。

シニア向け分譲マンション

資産となる高齢者向けの分譲マンションです。売却や譲渡、賃貸や相続などが可能となります。また、温泉やプール、家事援助などの設備やサービスが充実している施設が多いでしょう。

介護施設の主な特徴

車椅子の男女

介護サービスが受けられる

広島で人気の住宅型有料老人ホームでは、希望があり外部で手配をすれば介護サービスが受けられます。訪問介護や通所介護など、介護が必要な場合に役立つサービスです。そのため、介護が必要になった場合でも、安心して生活できるでしょう。

サービスやアクティビティ

住宅型有料老人ホームでは、様々なサービスが受けられます。快適に生活するために必要な清掃や洗濯、食事サービスなどが受けられるのです。さらに、レクリエーションなどのアクティビティも楽しめるでしょう。

広告募集中